トップ陸自装備 ⇒ このページ

99式自走155mmりゅう弾砲

               

99式155mmりゅう弾砲



備考

 99式自走155mmりゅう弾砲は、75式自走155mmりゅう弾砲の後継として1999年度から調達を開始した最新の国産火砲である。

 1985年度から75式自走155mmりゅう弾砲の後継として開発に着手し、1999年度に制式化された99式は、89式戦闘装甲車の車体を流用しており、転輪を6個から7個へと増やし、車体を5m以上延長してその上に155mmりゅう弾砲を搭載している。車体を流用したため、エンジンは89式戦闘装甲車と同じ、三菱6SY31WA型水冷4サイクル直列6気筒ディーゼルエンジンである。

使われているかは別として99式の愛称がロングノーズなのがうなずけるほど砲身が目立つ  99式は75式と同じ155mmりゅう弾砲でも、口径が30口径から52口径へと大幅に長砲身化し、これによって射程が75式では約19kmだったのに対し、99式では約30km以上に延びている。また、75式では砲弾は自動装填で、装薬(砲弾を撃ち出す火薬)は人力で装填していたが、99式では砲弾と装薬の装填が完全に自動化され、毎分6発以上の射撃が可能となっている。また、専用の99式弾薬給弾車から自動的に弾薬や装薬を給弾することができる。これらの省力化によって捜査人員が75式の6名から99式では4名と減っている。
さらに、砲弾や装薬の自動装填だけでなく、照準などなども自動化されており、新野戦特科射撃指揮装置(FADAC)とデータリンクを結ぶことで射撃指揮所からの遠隔操作が可能となっているなど、高性能な火砲となっている。

 旧式化した75式を置き換える形で配備が進んでおり、現在は富士教導団、武器学校の教育機関、実戦部隊としては北部方面隊の第7師団から配備が進んでいる。毎年7両程度調達が行われているが、1両当たり約9億円と高価なため(無駄に高いという意味ではない)、速やかに全国の部隊に配備されるとは考えにくい。そして、北海道以外の全国の部隊に配備されている牽引式の155mmりゅう弾砲FH70の後継火砲の導入が行われた場合、現在の財政状況では多種類の火砲を調達し続けるのは困難であるとみられ、FH70の後継火砲に調達が統一される可能性もある。


 富士教導団と言えば、戦術研究や教育などの観点から、新型装備がいち早く配備されるほか、90式戦車などのいわゆる北海道専用装備なども配備されている。特化部隊で言えば、99式は現在北海道の部隊に対して配備されているが、特科教導隊にも配備されている。しかし、99式で更新を行う75式自走りゅう弾砲は以前配備されていたが現在は配備されておらず、北海道でしか見ることのできない装備である。 また、自衛隊ではりゅう弾砲の“砲”は『ほう』ではなく『ぽう』と読む。




諸元・性能
名称 99式 自走155mmりゅう弾砲
乗員 4人
全備重量 40.0t
全長 11.3m
全幅 3.2m
全高 4.3m(積載状態)
最高速度 49.6km/h
武装 155mmりゅう弾砲・・・1
最大射程 30,000m
発射速度 18発以上/3分(最大)
副武装 12.7mm重機関銃 M2・・・1
エンジン 水冷4サイクル直列6気筒ディーゼル機関
600PS
開発 防衛庁 技術研究本部




inserted by FC2 system